2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

占いの館『ふぁいなん』

おはようございます、せれんです。


先日(もはや1ヶ月経過したのは気にしない)、ようやく念願叶って占いの館『ふぁいなん』に行ってきました。

Twitterでは館の主であるフィアナさんと交流をさせて頂いてましたが
フィアナさんの多忙な状況もあり、会いたいのに会えないという
悶々とした日々を過ごしていました。

そんな中、ようやく予約枠が開放されいの一番に予約!
もちろん最短で、最速でお会いできる日時を指定(๑•̀ㅁ•́๑)

悩みに悩んでその時リアルタイムで悩んでいたお悩みについて相談&占って頂きました。



以下、追記では実際にお会いした時のお話や占いに対する私の感想等を書いていますが
なにせ楽しすぎてSS撮り忘れてますので(
そのへんはどうかご容赦下さい(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭

『10月21日(水)24時』

というわけで、お伺いした占いの館。
待ち遠しすぎて1時間前にログインして館付近にて待機してましたw



さて、時間になりふと画面を見ると
Fiana MillerはSeren Rhidをつついた。】のログが!

周囲を見渡しても姿は見えず、でもログは確かに残ってる。
画面をぐるーっと回して回して‥誰もいない。
少し移動しながらしばし探すとお家の影にちょこんと座るおばけちゃん。

そんなおばけちゃんに導かれ颯爽とお家の中へ。

フィアナさんと少しでも早く長くお話したい私の想いが通じたのか
早々にフィアn‥もといふぁいなん先生が登場して直々に占いの説明を頂きました。


占いの内容や結果については割愛しますが、凄いの一言。
一つのステージとして、パフォーマンスとして本当に素敵だなと思いました。

ゲーム内でいつも見ているスキルやハウジングオブジェクト、機能なのですが
そのために作られたのではないかと感じるほどに世界観が作りこまれていて。
別の目的で作られたシステムと生身の人間一人であれだけの世界を作れるのは
素直に凄いの一言に尽きます。


そんな凄い物を見ておきながらSSが一枚もないのは、純粋に魅入ってしまったから。
そして後付けの理由では有りますが、これから行かれる方もご自身の目で見てほしいから。

なのでこの記事ではSSは一枚も載せません。(言い訳)

とにもかくにも、興味がある方はコチラのHP内にある予約フォームからぜひ予約を。




-----------------------
さて、ここからは少し個人的なお話。
ここまでも十分に個人的なお話だったのですが、占いその物に対する
私の価値観だったりとか、そんなお話です。



まず初めに、私は占いそのものを信じていません。
だけど占い自体はものすごく好きです。


この矛盾したような考えその物が占いの面白さだと思っています。


どんな占いでも原則としてはハッキリした回答はでてきません。
受け取る側の考え次第で、どうとでも受け取れるような抽象的な回答しかでてきません。
それこそが占いの本質的な部分で、絶対的な条件なんだと思います。

そしてそれを『あなたの事を占った結果』だと思い込ませる事ができるかどうかが
占い師としての腕であり、その信ぴょう性を裏付けるのがその場の空気や作り込まれた世界観、
果ては占い師の放つオーラとかそういった類の物なのだろうと思っています。

そしてその空気に引っ張られて、占いで出た結果を自問自答できるかどうかが
『あたった』という感想に関わってくるのだと思います。



余談ではありますが、私は『他者は自分を映す鏡』だと言い聞かせて過ごしています。
他者から私に向けられた行動は日頃私が周囲の方に向けている行動であると。




占い師というのはその側面が短期的に最も強く出てくるのだろうと改めて感じました。





占い師に話を伝えているようだけど、実際は自分の中で事実確認を行う時間で。
占い師の言葉はそのまま自分の心が伝えてくる声と同質で。


だとするならば、占い師は自分の心そのものであり、占い師としての個を消して
どれだけ相手に寄り添えるかを問われるのだろうと。



そういった意味でフィアナさんは本当にすごい方だと感じるのです。

どこまでも静かな湖面のように揺らがず穏やかに私を映してくれて。
それでいて、占いが終わった後にはフィアナさん個人としてのアドバイスもくれて。


自分自身と向き合うキッカケが欲しい方は一度行ってみることをお勧めします。
ホントは自力で自問自答できると良いのですが、それが難しいのも事実ですし。


考えが悪い方向に悪い方向にどんどん進んで、道が見えなくなっている時。
どことなく閉塞感を感じてしまっている時。
そんな時は誰かに頼るのも一つの手だと思うのです。


ドツボに嵌ってしまう前に、ぜひ一度占いの力を借りてみるのはいかがでしょうか。
[ 2015/10/30 09:24 ] ◆ FF14 プレイ日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0saki0.blog.fc2.com/tb.php/74-a6f2d069


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。